「婚活にネットなんて・・・」と思ったあなたへ

婚活にインターネットを使う人が増えてきています。
「婚活にインターネット?」
と思う人も居るかもしれませんが、インターネットで銀行取引をする人が増えたように、インターネットでお買い物をする人が増えたように、インターネットでフィリピン人と英会話レッスンを楽しむ人が増えたように、インターネットで婚活をする人が増えているのです。

■ 婚活はネット型の時代

意外かもしれませんが、現在は婚活をインターネットで行なう人が静かに増えています
「でも、インターネットで結婚なんて」
と、イメージの問題で首を傾げる人がいるかもしれませんが、まさにその点に今、変化が起こりつつあるのです。
例えばネット型婚活の代表選手、出会い系サイトの印象が悪い時代がありました。遊び目的の異性ばかりしか登録していなかったり、サクラの問題があったりと、さんざんでした。ですが今の大手が運営する出会い系サイトは違います。その様変わりに驚くかもしれません。

■ 大手出会い系サイトの取り組み

出会い系サイトを10年ほど前に盛んに利用していた人は、なんだかんだあっても利便性や気軽さを評価していた節があります。今でもその特長は全く失われていないのですが、現在は大手出会い系サイト各社がサイトの健全化を強化し、さらに婚活に使えるツールとしていろいろな婚活イベントを展開してくれています
「結婚相手を探すツールとして出会い系サイトはちょっと...」
という人に利用してもらえるように、大手出会い系サイト各社は今、劇的に生まれ変わっているのです。

■ 実際に婚活で出会い系サイトを利用する人が増大

実際、サイトの健全化、婚活企画の展開を行なっている出会い系サイトに対する評価も、日に日に変わりつつあります。
株式会社マクロミルが行なった意識調査によると、独身男女1,000名が利用している婚活サービスの順位で、出会い系サイトは結婚相談所を追い抜いています(cf. 結婚意識と婚活に関する調査)。なんと婚活パーティーにも迫る勢いです。

  • 24時間使える
  • 気軽さ
  • 利用料の安さ
  • 健全性
  • 婚活企画の面白さ

以上のようなメリットを持つ現代の大手出会い系サイトは、婚活の場面で非常に利用されるようになってきているのです。
なかなか婚活がうまくいかない、1対1の場面を作れない、婚活に大きなお金は掛けられないというような人は、合コン一本やり、飲み会参加一本やりというのではなく、ネット型婚活も柔軟に取り入れてみてください。
その視野の広さが、素敵な異性の存在に気付かせてくれるのです。