出会い系サイトの婚活パーティーはいいらしいけど本当?

最近、出会い系サイトお見合いパーティー会社がコラボレーションをして、合同でお見合いパーティーを開くケースが増えています。
会員600万人を誇る巨大出会い系サイトの『イククル』と、お見合いパーティー大手の『エクシオ』が提携して婚活パーティーを開いたり、会員数350万人の『ワクワクメール』が、都内最大のお見合いパーティー会社『シャン・クレール』と共同でパーティーを開いたり、いろいろとあります。
「何でわざわざ、出会い系サイトとお見合いパーティー会社が手を組むの?」
と疑問に思った方、確かにそうですよね。別々の企業なので別々に自分たちのビジネスを頑張っていればいいのですが、最近ではコラボ系の婚活パーティーが目立ちます。
その理由は何なのでしょうか? また、利用者からするとどんなメリットがあるのでしょうか? 考えてみたいと思います。

■ 出会い系サイトの膨大な会員数を生かせる

出会い系サイトとお見合いパーティー主催会社の提携は、結婚したい人にとってかなりメリットがあります
出会い系サイトは異性を探すツールとしてはかなり強力ですが、会員数600万人など登録者が多くなり過ぎる傾向が最近は目立ちます。優良出会い系サイトが絞り込まれた分だけ、逆に一極集中が起きてしまっているのです。当然、会員数が膨大になるほど、結婚の意志が無い異性も比例して紛れ込んでしまいます。
しかし、会員に向けたお見合いパーティーの形を取れば、結婚の意志が強い男女を一気にあぶり出せます。
通常、出会い系サイトでは、膨大な会員から候補を絞り込むために、立地、年齢など幾つかの条件で検索をすると思います。ただ、便利な検索機能があったとしても、会員数が数百万人となると絞り込みの作業は大変になります。
その点、出会い系サイトに登録している人を対象としたお見合いパーティーなら、結婚願望の強い同エリアの異性を一気に絞り込めるのです。しかも、1人1人アポを取らなくても、皆が集まってくれるのです。

■ 実際の運営はお見合いパーティーのプロが担当

実際の運営は、お見合いパーティー会社の役割です。例えば『ワクワクメール』と『シャン・クレール』が主催するパーティーの場合、

  • (1) 受付と説明
  • (2) 全員と1対1で対面
  • (3) 第一印象チェック
  • (4) フリータイム・シャッフルタイム
  • (5) 告白タイム
  • (6) カップル発表

といった流れでパーティー主催者が進行を行なってくれます。1対1で見知らぬ人と見知らぬ場所でいきなり出会えないという恥ずかしがり屋の人でも、異性とコミュニケーションが持てる場面が用意されています
しかも出会い系サイトがからんでいるお見合いパーティーは、単にお見合いパーティー会社が主催する会に参加するよりも、費用が男女共に安い印象があります。絶対、注目のサービスです。