出会い系サイトと婚活パーティー会社のコラボ企画が大ウケの理由

大手優良出会い系サイトの1つである『ワクワクメール』が、都内最大のお見合いパーティー主催会社である『シャンクレール』と合同で、カップリングパーティーを開いています。
他にも大手出会い系サイトとお見合いパーティーの会社が協力してイベントを仕掛ける例が目立ってきています。『イククル』と『エクシオ』のコラボーレーション企画など、さまざまです。
「こういう流れ、どう思いますか?」
と、ある雑誌社の編集者に聞かれました。
端的に、非常にいい流れだと思います。結婚相談所の相談員を離れている今、公平な視点で物が言えるので、もちろん本心です。リアル型婚活ツールとネット型婚活ツールの組み合わせは、少なくとも今の時点で最強だと思います。

■ 婚活のツールは1つに絞り込まない方がいい

かつて結婚相談員として皆さんの相談に乗っていた時期に、面白い傾向に気付きました。
「今、結婚相談所以外に、どんな婚活をしているのですか?」
と私が聞くと、
「何もしていません」
「ここ、一本です」
「全て辞めました。結婚相談所に集中します」
といった答えが多く返ってきました。もちろん結婚相談員としては嬉しい答えではあるのですが、
「大丈夫かな~」
という思いもあります。お金をいただいておきながら反感を受けるかもしれませんが、本当に結婚をしたいなら、何かのツールに一本に絞り込むよりも、視野を広くいろいろなチャネルで婚活を行なった方が絶対にいいのです。

■ ネット型婚活とリアル型婚活は組み合わせて初めて、最強になる

婚活を本気でやろうと考える人ほど、目の前の1つのチャンスに全てを注ぎ込もうと考えてしまいます。特に高いお金を払った後では、そういう気持ちに自然となると思います。
ですが、出会いの場所も、出会いの方法も、出会いのツールも、いろいろと分散して、視野と人脈を広く持った方が絶対にいいです。
例えば、私のやっていた結婚相談所は年収や仕事、性格、顔写真など相手の全てをお互い把握しながら話を進めますが、1回ではどうしてもお1人しか紹介できません。丁寧で確実ではありますが、それほど効率のいいサービスとは言いがたいのです。
一方で例えば、出会い系サイトはスピーディーに大量の異性とコンタクトが取れます。確かに相手の情報は限られてきますし、信用度も落ちますが、メリットも実際にあるのです。
どちらか一方では不十分です。例えば結婚相談所と出会い系サイトを組み合わせて初めて、相互の弱点を補えるのです。
そう考えると、出会い系サイトと婚活パーティー主催者がタッグを組んだイベントも、悪くはないと思います。まさにリアルな世界とネットの世界がクロスするからです。
柔軟な考えを持って、いろいろな場所に顔を出してみてくださいね。単純に確率の問題ですが、いい出会いにめぐりあえるチャンスは一気に増えていきますよ。