ネット型婚活が今、注目される理由

私が結婚相談員のころは、
ネットで婚活はちょっと」
と思う方が多かった気がします。そういった潜在意識を突いて結婚相談所を利用させようと頑張ってもいましたが、実際はどうなのでしょうか? 
結婚相談員を辞めて自由に物を言える今だから申し上げますが、ネットで婚活は現在、成婚を目指すために積極的に行なった方がいいツールだと思います。

■ ネット型婚活は今見直されている

ネット型婚活とは、ネットを使った婚活全般を意味します。例えば、出会い系サイトもネット型婚活の代表選手ですし、facebookやmixiなどのSNSもネット型婚活の一種です。LINE掲示板もネット型婚活の1つですね。
出会い系サイトなんてサクラばっかりでしょ?」
「ネットで婚活なんてちょっと...」
と感じている人も居るのは確かですが、その一方で、ネット婚活を積極的に行なう人がかなり増えているのです。
実際、株式会社マクロミルが行なった婚活に関する意識調査(cf.「結婚意識と婚活に関する調査)独身男女1,000人が対象)では、婚活に出会い系サイトを利用する人の割合が、私の古巣の結婚相談所を超えてしまっています
何でこれほど、出会い系サイトを中心としたネット型婚活が見直されているのでしょうか? 少し考えてみましょう。

■ 出会い系サイトがクリーンになった

SNSやLINEが異性との出会い作りに利用されている理由は、もちろんサービスそのものの認知度や利用者数が急成長をしているからだと説明ができます。しかし、既にピークを過ぎた出会い系サイトも現在、利用者が伸びてきているのです。どうしてでしょうか? 
その理由はいろいろとありますが、一番の要因は出会い系サイトそのものが健全化されたからだと思います。
今の出会い系サイトは、久々に利用してみれば分かりますが、SNSとほとんど境目が分からなくなっています。性欲むき出しの男女が集まるというよりも、出会いを求めて男女がフランクに集まる場所に出会い系サイトはなっています。
実際に大手の『ハッピーメール』や『ワクワクメール』、『PCMAX』、『イククル』、『ミントC!Jメール』、『ASOBO』、『YYC』などをチェックしてみてください。大手お見合いパーティー会社とコラボレーションして出会いの場所を提供までしてくれる会社もあると分かります。
「怪しい」
「体が目当ての人だらけ」
「サクラばかり」
といったマイナスのイメージから脱皮して、出会い系サイトは最も今、出会えるツールの1つになっているのです。

■ ネット型婚活は、スピーディーに異性と出会える

結婚相談員のころから口を酸っぱくして言っているのですが、本気で結婚をしたい場合、
成婚率
を上げるための自分磨きと、
出会う人数
の意識的な向上、この両方は常に心掛けなければいけません。特に後者は重要で、どれだけ自分を磨いても、異性に出会うきっかけを持たなければ何も意味がないのです。
その意味でネット型婚活は便利です。例えば出会い系サイトなら、思い立った瞬間に新しい異性にアプローチできる気軽さがあります。出会う人数を稼ぐツールとしてネット型婚活は利便性が高いのです。
「ネットなんて」
と変に偏見を持っていると、いつまで経っても結婚できないかもしれません。柔軟な気持ちでいろいろと利用してみてください。