実は成婚者多数?!「ネット型婚活」とは

先日、面白い調査を見付けました。株式会社マクロミルという調査会社が行なった婚活に関する意識調査で、今後婚活に利用したいツールとして出会い系サイトが入っていたのです。しかもその人気度は、私の古巣である結婚相談所を超えていました。
同じように最近は、ネット型婚活を始める人が増えてきています。ネット型婚活とはネットを使った結婚相手探しですが、本当にネット上で結婚相手は見付かるのでしょうか?
また、具体的にはネット型婚活に今どのようなサービスがあるのでしょうか? 今回はその辺りを考えてみたいと思います。

■ ネット型婚活には出会い系サイトがお勧め

ネット型婚活の代表的なツールは、出会い系サイトやSNS、LINE掲示板です。その中でも最も人気のツールはやはり、出会い系サイトになります。
「出会い系サイトで婚活?」
と驚く人も居ると思いますが、実際に上述の意識調査では、婚活で出会い系サイトを利用している人がかなり存在していると分かったのです。その理由は、出会い系サイトそのものが健全化を図り、非常にクリーンで使いやすい「出会える」サービスに脱皮したからではないでしょうか?
もちろんLINEやSNSも出会いに使えるのですが、その手のツールは出会いを目的にしているのではなく、友人や知人と連絡を取る手段として設計された背景があります。
最初から見知らぬ人との出会い作りにシンプルに特化した出会い系サイトは、出会いの数が稼げるので婚活でも重宝するのです。

■ 出会い系サイトは日々存在感を増している

出会い系サイトを、
「アダルトなセックスフレンド探しの危険なサービス」
だと思っている人は、意識を少し改めた方がいいかもしれません。時代の波に揉まれてもなお生き残っている今の出会い系サイト大手各社は、どこもクリーンです。
『ハッピーメール』、『ワクワクメール』、『PCMAX』、『イククル』、『ASOBO』、『YYC』など大手の有名サービスが絞り込まれてきており、中には会員数が600万人を超えているようなサービスもあります。安心安全なサービスに利用者が集中し始めているのです。
しかもその手の大手は、圧倒的な会員数を利用して、お見合いパーティー主催企業と協力し「カップリングパーティー」まで開催しています。
「出会い系サイトはセフレ探しにしか使えない」
などと考えている人は恐らく10年近く、出会い系サイトの認識が遅れています。リアルな世界の婚活もいいですが、ネットの世界も平行して利用しないと、今の婚活ではいい人がどんどん取られてしまうのです。