婚活はリアルで? それともネットで?

婚活は人生のパートナー探しなので、しっかりした人と出会いたいと考えている人がほとんどだと思います。
「誰でもいい」
と周りには言いながら、本当はいろいろと気にしているはずです。また出会い方にもそれなりのこだわりを持ち、できれば「ちゃんとした」形で出会いたいと考えている人も多いのではないでしょうか?
その裏返しとして「ちゃんとしていない」という理由から、婚活にインターネット上のサービスを利用しない人も居るようです。しかし、本当にインターネットは婚活に向いていないのでしょうか? 考えてみたいと思います。

■ 婚活はリアルな出会いとネットの出会い、両方を頑張る

結論から言わせてください。婚活では友人や上司の紹介、習い事、結婚相談所などリアルな場面での出会いだけでなく、ネット上での出会いも大切にしてください。ネット上の出会いとはつまり、出会い系サイトやSNS、LINE掲示版などの話です。
「ネットはちょっと」
と思う人も居るかもしれませんが、その理由は簡単です。リアルな出会いだけでは、出会える人数が圧倒的に少ないからです。
考えてみてください。友人や上司の紹介といっても人脈に限りがあります。毎日新しい異性とめぐり合わせてもらえるわけではありません。合コンにしたって結婚相談所にしたって、毎日新しい異性にアプローチできるほどチャンスは頻繁に巡ってきません。

■ 元結婚相談員が考える婚活成功の秘訣

10年以上、嘱託の結婚相談員を行なってきた私の経験からすると、結婚できる人、逆にいつまでも結婚できない人は、いつも同じです。
「成婚率」×「出会う人数」=結婚の確率
この公式の通り、皆さん結婚できたり、できなかったりします。
「成婚率」とは出会いを結婚やお付き合いまで発展させる力、「出会う人数」はそのままです。結婚をしたいなら、自分を磨き「成婚率」を上げながら、できるだけ「多くの人に出会う」努力をしなければいけないのです
特に「出会う人数」は重要です。「成婚率」は個人の努力ではどうしようもない部分もありますが、「出会う人数」だけは自分の努力で何とでもなります。
ただ、リアルな婚活ツール、例えば合コンや友人紹介、お見合い、習い事教室への通学などは、それほど出会う数を稼げないのです。

■ ネット婚活はとにかくたくさんのチャンスを持てる

何もインターネットだけで婚活をしろとは言っていません。大事なポイントは、合コンや飲み会などに参加しながら、一方でネット上でも婚活を始める、その同時進行にあるのです。
特に出会い系サイトは思った日に、気になる異性に気軽にコンタクトが可能です。その相手が駄目なら次の異性にアプローチを仕掛ければいいのです。一気に人数が稼げるので、今までなかなか婚活が上手くいかなかった人でも、「数撃てば当たる」確率は高くなるのです。
ネットでの婚活に偏らず、かといってリアルな世界での婚活だけにしがみつかず、両方をバランス良く行なってみてください。両輪が上手に動き始めれば、劇的に身の回りの世界が変わり始めますよ。